ハローワークを利用するメリットとデメリットを徹底解説します

昔から就職支援として公的なサービスを行っているのがハローワークです。ハローワークを利用するメリットは求人の企業数も多く地元に強い、という特徴があります。ただ営業時間が決まっていたり、転職専門ではないため情報量が少ないデメリットもあります。

ハローワークとは公共職業安定所の通称であり、全国で利用できるためフリーターや専業主婦などには馴染みがあるかもしれません。
パソコンで求人情報を調べて相談員と面談すれば、新しい仕事が見つかる場合もあります。しかしメリットとデメリットが存在するため、これから利用するつもりであれば理解しておきましょう。
ハローワークを利用するメリットは、地元の就職に強いことです。一般企業によって運営されているサービスではなく、各自治体に設置されているのがハローワークです。
たとえば都道府県にある一つの市であれば、その市が所在地である企業やお店が求人を出すのです。地域密着型の転職に強いため、地元で働きたい人にはおすすめです。
転職エージェントなどの他サービスとは違い、採用コストがかからないこともメリットです。このメリットは本来就職を希望する人を採用する人事担当、または経営者にあるものです。
しかし採用コストがかからないことは、採用の際のリスクとも関わります。採用コストがないなら試しに働いてもらおう、と考える人事担当や経営者もいるのです。ハローワークを経由した求人は比較的採用基準採が低く、採用されやすいという意見もあります。
問題のデメリットですが、情報に限りがあることです。ハローワークの情報量は転職エージェントと比較すると少なく、質が低くなってしまう場合もあります。転職エージェントは転職に特化した支援サービスです。
24時間365日対応という場合もあります。ハローワークにも専用のサイトがあり、仕事の情報はそこから探すことが基本です。
しかし面接を受ける前に紹介状が必要であれば、相談員と面談して直接受け取る必要があります。平日に利用する場合、17時から18時半までには行かなければならないでしょう。
土曜日に利用できる場合もありますが、すべてがそうではありません。働きながら転職活動をする場合、ハローワークでは厳しい部分もあるのです。
メリットとデメリットはどちらかだけを基準に考えるのではなく、両方をバランス良く考えて利用するかどうかを決めてください。ハローワークによって良い仕事と巡り会えた人もいるため、まずは気軽に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。