牛乳パック・リサイクルそれとも

どこの家庭でも必ずお目にかかる牛乳パック

洗って、乾燥させて、切り裂いて、リサイクルへ

(若干順序が違うかも知れませんね)

それとも・・・

これ以外に選択肢はないはず。

私もこれまでこれ以外に選択肢はないと

考えていました。

牛乳パックは良く燃える

ちょうどよい燃料になる

行政にしろ、業者にしろ

処理し切れなくて燃やしている

(これには確かな根拠があるかどうか、デマかも知れません)

確かにCO2削減や牛乳パックでトイレットペーパー製造に

役立つといわれる

思うにこのようなあたりの良い行政がらみシステムづくりは

一部の大きな利益団体が群がる構図が見え隠れしているような

感じがある

一時期のマイバック運動・レジポリ袋廃止のブームも本当に

どちらがエコかわからない

牛乳パックの分別程度ならわかるが

”洗って、乾燥させて、切り裂いて”を

消費者がするような国民がほかにあるだろうか

幼稚園・保育園・小学校では子供に教えるのでしょう。

これほどまでに、よく飼いならされた国民だと

つねづね思います。

PS. リサイクル方法は ” 洗って、開いて、乾かして ” が正しい

milkpack garbage01.jpg

↓応援のクリックください。


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。