使用用途が広がるスプレー型のオゾン水とは?特徴や効果について

一般的なオゾン水発生器はその場に設置して使うことになりますが、それでは使用用途が限られてしまいます。
置き型の他にも便利なスプレー型があり、特徴や効果などを理解しておくと良いでしょう。
使用用途が広がるスプレー型のオゾン水とはどのようなものか、わからない人のために解説します。

スプレー型のオゾン水ですが、名前の通り容器がスプレーの形となったものです。
内部でオゾン水を発生させることはできます。
しかし置き型のようにその場に設置して使用するわけではないため、コンパクトであることが基本です。
トリガーを引くとスプレー状のオゾン水を噴射することができ、使いたい箇所に適量を使うと良いです。
デザインはメーカーごとに異なるため、好きなものを選んでください。
たとえばカーペットやカーテンなどの臭いが気になりそれを抑えたい場合、オゾン水のスプレーを噴射することが対策できます。

また大きな置き型を使用する場合、狭い場所では邪魔となり使えない場合もあるかもしれません。
持ち運びができるスプレー型なら、普段は綺麗にできなかったところまで綺麗にできるでしょう。
内部でオゾン水を発生させるため、普通の容器とは異なります。
バッテリー稼働のものもあり、外出先でも使えることがメリットです。

期待できる効果ですが、一般的な置き型と基本的には変わりません。
発生できるオゾン水が同じであれば、期待できる効果は同じです。
オゾン水は悪臭や菌に対して有効と言われています。
特に菌やウイルスに対する効果が大きく、インフルエンザやノロの予防ができる場合もあります。
消毒液として使われることもあるエタノールですが、一般的な細菌や食中毒菌に対しては有効とされています。


しかしインフルエンザやノロの対策はできないため、オゾン水は万全な対策のために必要なのです。
季節の変わり目となると、風邪をひいてしまう人もいます。
また乾燥した時期には、インフルエンザやノロが流行することもあります。
外出先でも使用できるスプレー型のオゾン水を使い、身につけているものや周囲にあるものを除菌することをおすすめします。
濃度が極端に高くなければ、周囲にあるものに使用してもオゾン濃度が高くなりすぎることはないでしょう。

ただ水をかけるか流すだけではオゾン水を十分に使えない場合もありますが、スプレーとして使うことでより便利となる場合もあります。
悪臭や菌に関するトラブルが心配な人は、スプレー型のオゾン水を生活の中に取り入れてみてください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です