塩素系スプレーで臭いを取るよりオゾン水の方が良い面を比較

何か嫌な臭いが発生しているときに、塩素系スプレーを使ってごまかそうとする人もいます。
しかし塩素系スプレーと比較すると、オゾン水の方が良いでしょう。
2つを比較してオゾン水にある良い面を理解して、臭い対策を万全にしてください。

まず塩素系スプレーですが、臭いが発生している場所に吹きかけて使います。
消臭スプレーと呼ばれる場合もあり、嫌な臭いをカモフラージュすることが目的です。
使用されている成分によって、期待できる効果が異なる場合もあります。
臭いの原因に対して根本的に働きかけるのではなく、物質を抑え込んだり包み込むだけのものもあります。
つまり塩素系スプレーを使用しても一時的な臭い対策はできても、臭いの原因そのものに対する対策としては不十分な場合もあるのです。
少し時間が経つと元通りとなり、臭いが気になる場合もあります。

オゾン水発生器を使い消臭を行うと、酸化力によって臭いの物質を分解できるのです。
酸化後に物質は別の物質となるため、根本的な臭い対策が可能となります。
くさいものを燃やすと臭いが消えますが、それは物質が酸化したことで臭いが消えたためです。
オゾン水を使えば燃やさずに同じことができます。

根本的な臭い対策ができるため、きつい臭いに対しても有効です。
塩素系スプレーでは期待できる効果が限定的となるため、それほどきつい臭いでなければ良いでしょう。
しかし壁やカーペットに染み込んだ臭いに対しては、オゾン水の方が良いです。
タバコやペットの臭いなどは空中を漂い、壁やカーペットに染み込む場合もあります。
しつこい臭いに対して塩素系スプレーを大量に使うより、オゾン水発生器を導入して根本的に消臭した方が経済的かもしれません。


また用途で比較しても、オゾン水の方が良い場合もあります。
塩素系スプレーの説明書きをチェックすると、特定のものに対しては使うなという注意書きがあるかもしれません。
たとえば野菜や果物などには使えない場合もあり、用途に限りがあります。
オゾン水は濃度に注意していれば、野菜や果物を洗う際に使っても問題ありません。
食品加工の現場や介護施設などではオゾン水発生器と導入し、野菜や果物などを洗浄するところもあります。

塩素系スプレーも用途を限定して使い分ければ良いかもしれませんが、記事の中で紹介した通りオゾン水には良い面があります。
しつこい臭いがどうしても取れない場合、オゾン水発生器の導入を検討してみてください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です