様々な用途で便利なオゾン水発生器の使い方を広く解説します

オゾン水発生器があると様々なことに役に立つため、仕事においても日常生活においても便利かもしれません。
設置したとしても使い方がわからなければ困ってしまうため、オゾン水発生器の使い方について紹介します。
主に衛生面で使えるため、臭いや菌を抑えて病気の予防などができるでしょう。

飲食店や一般家庭で料理をする際、包丁やまな板などの道具を使うでしょう。
普通に水と洗剤を使って洗うだけだと臭いが残り、除菌効果が不十分という場合もあります。
オゾン水発生器を使いオゾン水で洗うと、一般的な洗剤にはない消臭効果と除菌効果が期待できるのです。

包丁やまな板に汚れが付着している場合、洗剤を使って洗い落としてください。
その後直接オゾン水をかけて洗浄するのです。
まな板の表面に凹凸があればオゾン水を30秒ほどかけて、スポンジを使いこすると良いです。
オゾン水を使って洗浄した後は、水洗いの必要はありません。
料理やその後の掃除の作業でふきんを使った場合、オゾン水に浸けておくことをおすすめします。


脱臭効果と除菌効果の他に、漂白効果も期待できます。
排水溝やシンクなどの設備を清潔にしたい場合、オゾン水の濃度を高めに設定して流水または散布してください。
こうすることでぬめりの除去が期待できます。

オゾン水発生器は手洗いうがいでも使うことができます。
一般的な石けんやうがい薬でも十分な場合もありますが、病気の原因となる菌への対策としておすすめです。
オゾン水に期待できる除菌効果は高く、一般的な石けんでは対策が不十分となるノロウイルスなどにも有効と言われているのです。

手洗いの方法は普通の石けんと水を使った方法と大差ないですが、使う水がオゾン水に変わると考えてください。
洗うときは手のひらだけではなく、指の先や間まで丁寧にもみ洗いをすることがコツです。
隅々まで丁寧に洗うことで、より高い効果が期待できます。
うがいの方法も手洗いと同様、普通の方法と大差ありません。

ちなみにオゾン水は安全性が高いため手に触れても問題なく、うがいのために口の中に含めても問題ありません。
口の中にある菌やウイルスなどを死滅させて洗い流すことで、風邪やインフルエンザなどの予防効果が期待できます。

以上の通りオゾン水発生器があると様々なことに使えるため、生活の質が大きく向上する場合もあります。
何かトラブルが起きてから導入するのではなく、トラブルを回避するために素早く導入すると良いでしょう。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です