赤ちゃんの哺乳瓶やおもちゃ類の除菌にオゾン水は使えるの?

赤ちゃんを育てるときに必要な哺乳瓶やおもちゃ類は、衛生管理の観点から清潔に保つ必要があります。
そのためには徹底した除菌が重要ですが、その際オゾン水は使えるのでしょうか。
オゾン水を使う場合の方法などを、事前に勉強することはとても重要です。

そもそもオゾン水は簡単に言えば、オゾンが溶け込んだ水のことです。
オゾンはそのまま放置すると酸素に戻りますが、菌やウイルスなどに対して有効と言われています。
除菌や殺菌、臭いの元である臭素を分解する効果が期待できます。
そのため医療現場や飲食店、保育園などではオゾン水発生器が導入される場合もあります。

赤ちゃんが使う哺乳瓶もその例外ではなく、除菌を目的としてオゾン水を使っても問題ありません。
哺乳瓶は赤ちゃんが口の中に入れてミルクを飲むためのもので、衛生管理のためにきちんと洗う必要があります。
オゾン水には上記した通り除菌効果が期待でき、オゾンは自然界にも存在するものです。
食品添加物としても認められているため、安全性は高いと言えるでしょう。
赤ちゃんは大人とは違い、十分な免疫力を持っているわけではありません。
菌やウイルスの脅威から赤ちゃんを守るために、使い終わった哺乳瓶はきちんと洗浄してください。

次におもちゃ類ですが、哺乳瓶と同じように清潔にする必要があります。
赤ちゃんが小さなおもちゃを誤って口の中に入れてしまうことは危険なため、保護者がきちんと注意して見ておく必要があります。
また口の中に入るような大きさのものではなくても、赤ちゃんが舐めたりする場合があるかもしれません。
つまりそのおもちゃが不潔な状態だと、付着している悪い菌やウイルスが口から体内に侵入する可能性もあるのです。
赤ちゃんのおもちゃを清潔に保つことで、病気の予防ができるでしょう。
汚れているおもちゃがあれば、オゾン水を使って洗浄してください。

オゾン水発生器にはシャワーヘッドが付いた種類もあるため、一度に大量のおもちゃを洗浄したい場合におすすめです。
洗浄後は水を綺麗に拭き取り、赤ちゃんが届かない場所に置いてください。
悪臭などがないこともチェックして、問題がなければ赤ちゃんと遊ぶときに使ってください。

正常に機能するオゾン水発生器を使えば、健康上問題のない濃度のオゾン水を作れるため安全です。
赤ちゃんは大人のように身体の機能がしっかりしているわけではないため、哺乳瓶やおもちゃの衛生管理が必要不可欠となります。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です