洗濯物の生乾きの嫌なにおいをオゾン水で除去する方法について

洗濯物を干しているときに、生乾きの嫌なにおいが気になることもあるでしょう。
そのような場合は下手に消臭剤などを使うのではなく、オゾン水で除去する方法をおすすめします。
オゾン水には嫌なにおいを消す効果も期待できるため、洗濯時の悩みを解消したい人は要チェックです。

洗濯物を部屋干しして生乾きの嫌なにおいが発生するのは、微生物が原因です。
大手化学メーカーの研究所が独自に研究し、モラクセラ菌という菌が関係していると発表したのです。
モラクセラ菌とはグラム陰性菌と呼ばれる種類の仲間で、シュードモナス目に分類されます。
一般的や雑菌や細菌なら、洗剤を使い洗濯することで殺菌できるでしょう。
しかしモラクセラ菌は洗濯後も衣類に残り、雑巾のような嫌なにおいの発生源となることが研究によって判明しました。

さらにモラクセラ菌は洗濯後の衣類だけではなく、一般家庭の様々な場所に生息できることも判明したのです。
自分ではきちんと洗濯してなるべく風通しの良い場所で干しているつもりでも、いつの間にか雑巾のような嫌な臭いが発生する可能性もあるのです。
衣類の洗濯は汚れを落とすだけではなく、モラクセラ菌をきちんと除菌してにおいを除去することが重要となります。

モラクセラ菌が原因となりますが、雑巾のような嫌なにおいは4メチル3ヘキセン酸という有機化合物が原因だと言われています。
オゾン水に含まれているオゾンは強い酸化力を持ち、有機化合物と反応して除菌や分解などをする効果が期待できるのです。
そのためオゾン水発生器でオゾン水を使い洗濯物に使えば、生乾きの嫌なにおいの予防につながるのです。
嫌なにおいをごまかすために、消臭剤や芳香剤を使うことはおすすめできません。
消臭剤や芳香剤ではごまかすことはできても、においの原因を根本的に除去するのには向いていないためです。

オゾン水は上記した通りにおいの原因菌の除菌と分解が期待できるため、消臭剤や芳香剤に頼る必要はないのです。
何度も消臭剤や芳香剤を使いごまかし続けるよりも、オゾン水発生器を上手く使った方が経済的かもしれません。
寒くなる冬や晴れの日が少なくなる梅雨の時期は、洗濯のタイミングに合わせてオゾン水発生器を使ってみてください。

以上が洗濯物の生乾きの嫌なにおいをオゾン水で除去する方法ですが、参考になりましたでしょうか。
モラクセラ菌に対して有効と言われているオゾン水があれば、生乾きの嫌なにおいとは無縁な生活が待っているかもしれません。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です