家庭用と業務用のオゾン水の違いは?おすすめを用途別で紹介

オゾン水発生器を使うとオゾン水を作ることができますが、機械には2つの種類があります。
家庭用と業務用の2つに分けることができ、オゾン水の違いは何なのでしょうか。
おすすめを用途別で紹介しますので、どちらを使用するか考えてみてください。

家庭用と業務用のオゾン水の違いは、一度に使用できる量にあります。
機械の大きさが異なる場合、発生させることができるオゾン水の量が異なります。
家庭用は一般家庭で使用するために作られたもので、業務用と比較すると小さいです。
業務用は大きい分、設置するために工事が必要な場合もあります。
その分一度に発生させることができるオゾン水の量が多くなるため、大規模な清掃や洗浄作業に向いています。

またオゾン水発生器の機能性に差がある場合、オゾン濃度に違いが見られるかもしれません。
オゾン濃度にはパーツパーミリオンという単位があります。
0.1パーツパーミリオンを超えなければ、健康上問題はないと言われています。
その範囲内で濃度を調整できる場合もあるのです。
家庭用と業務用では用途が違うため、調整する機能がないものもあります。
大量のオゾン水が必要で濃度の調整も必要となる場合、業務用の方が良いかもしれません。

おすすめの用途別で紹介ですが、限られたスペースで使用する場合は家庭用のオゾン水がおすすめです。
上記した通り家庭用のオゾン水発生器は比較的小型であるため、その場に置いても邪魔とならないでしょう。
業務用のように設置工事は不要であり、トイレや脱衣室などでも使用できる超小型もあります。
バッテリーを充電して使用できる容器があれば、スプレー状にして気になる箇所に噴射することもできます。

反対に広いスペースで使用する場合、また洗浄する対象の数が多い場合は業務用のオゾン水がおすすめです。
人が多く集まる娯楽施設や病院、学校などの教育現場では業務用のオゾン水発生器が導入されることもあります。
家庭用の限られたオゾン水では、多くの人のために使うのには不十分でしょう。
洗浄するものが大量にあると、必要となるオゾン水を用意するのが大変となります。
たとえば飲食店の場合、まな板や食べ終わった食器を大量に洗浄できます。

家庭用でも業務用でもオゾン水発生器によってオゾン水を作ることは同じですが、それぞれの特徴を理解するのです。
どちらも用途に合わせて使用すれば、日常生活や業務上の作業の質が向上するのではないでしょうか。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です