ペットの動物臭や排せつ臭もオゾン発生器で除去は可能?安全性は?

ペットを飼っている人には、動物臭や排せつ臭が気になる困ってしまったという経験があるのではないでしょうか。
可愛らしいペットでも臭いトラブルの原因となる場合もあるため、オゾン発生器を使うことをおすすめします。
嫌な臭いをオゾン発生器で除去は可能なのか、安全性に問題はないかなどを解説します。

ペットの動物臭や排せつ臭もオゾン発生器で除去は可能かですが、場合によっては可能です。
臭いがとても強くペット以外の原因も重なっている場合、オゾン水だけでは完全に解消できないかもしれません。
しかし室内の動物臭や排せつ臭、犬小屋などの屋外にある限定された範囲であればオゾン発生器が活躍する場合もあります。

そしてオゾン水には脱臭効果が期待できます。
動物臭や排せつ臭の原因となる菌と反応し、臭いの元を分解する働きがあると言われているのです。
これを酸化分解力と言いますが、ペットショップ業界から注目されているようです。
動物臭や排せつ臭を抑えるために、オゾン発生器を導入しているところもあります。
オゾン発生器でオゾン水を作り、ペットのケースを綺麗に掃除するのです。
動物臭や排せつ臭により環境が悪くなると、ペットも嫌な思いをしてしまうかもしれません。
家庭用のオゾン発生器もあるため、掃除のために使うと良いです。

安全性についてですが、オゾン発生器によるオゾン濃度の変化に注意してください。
オゾン発生器から作られたオゾン水の中には、もともと気体だったオゾンが入っています。
間が経つと大気に放出されるため、室内で使用するとオゾン濃度が高くなります。
濃度を示すパーツパーミリオンという単位があります。
室内の濃度がオゾン濃度が0.1パーツパーミリオンを超えていなければ、健康上の問題はないとされています。
正常に機能するオゾン発生器であれば、安全性については問題ないでしょう。

安全性を確保するために、オゾン発生器が壊れないようにメンテナンスを行うことが重要です。
メンテナンスの内容は基本的なことで、小まめに掃除をしたり消耗品を交換するなどです。
故障してしまうとオゾン濃度が調整できなくなるかもしれないため、オゾン発生器の状態は小まめにチェックしてください。

ペットの動物臭や排せつ臭が気になる場合、使いやすい大きさのオゾン発生器を設置して様子を見ましょう。
安全性については0.1パーツパーミリオンを超えていなければ問題ないため、オゾン発生器が故障しないように大切に使用してください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です