オゾン水は新型インフルエンザ対策もできる?詳しい対策方法とは

季節が変わり乾燥しやすい時期となると、インフルエンザが流行する可能性があります。
インフルエンザの中には新型インフルエンザがあり、体調管理には注意が必要です。
オゾン水は新型インフルエンザ対策もできるのか、詳しい対策方法についてまとめます。

結論から述べますが、オゾン水は新型インフルエンザ対策もできます。
あくまでも対策であるため、絶対にかからないとは断言できません。
しかしオゾン水にはオゾンが含まれています。
オゾンには酸素に戻る際、菌の膜を破って攻撃する働きがあると言われています。
つまり除菌や殺菌などの効果が期待できますが、これはウイルスに対しても有効と言われているのです。

インフルエンザの原因は、インフルエンザウイルスと呼ばれるものです。
感染すると高熱や悪寒、激しい筋肉痛や鼻水などの症状が現れます。
3日から5日以上高熱が続き、症状がなくなっても仕事や学校は数日間休む必要があります。
インフルエンザ治療薬はありますが、小さな子どもには使用できない種類もあります。
ワクチン接種による予防なら可能です。
しかし予防効果をより高めるために、新型インフルエンザに対しても効果が期待できるオゾン水を使うと良いです。

詳しい対策方法はシンプルで、手洗いとうがいを徹底することです。
オゾン濃度が極端に高くなると頭痛や気分の悪化などが起こることもありますが、正常に機能したオゾン水発生器を使えば問題ないでしょう。
手洗いとうがいを受診者に勧めるために、オゾン水発生器を設置する医療機関もあります。
普通の石けんやうがい薬だけでは、新型インフルエンザの予防ができない場合もあります。
強力な除菌や殺菌などの効果が期待できるオゾン水でを使って同じことをすれば、手や口の中を清潔にできて予防につながります。

またオゾン水は大気中の菌やウイルスに対しても有効と言われています。
オゾン水を使って加湿器を稼働する、スプレー状にして部屋の中や洋服の除菌をする、なども対策方法としておすすめします。
手や口の中が清潔でも、空中や周囲のものにインフルエンザウイルスが潜んでいるかもしれません。
新鮮な空気を取り入れるために適度に換気しつつ、オゾン水を有効活用してください。

新型インフルエンザを甘く見ると大変なことになるかもしれませんが、オゾン水がその脅威から身を守るために役立つ可能性があります。
手洗いやうがいなどの基本的な対策方法を続ければ、新型インフルエンザのリスクを低くできるでしょう。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です